NEWS / HEADLINE - 2020.5.23

菊畑茂久馬が85歳で逝去。前衛美術運動や戦争画の研究で功績を残す

「反芸術」運動に呼応した作品発表や、「天動説」をはじめとする大作絵画シリーズ、そして戦争画の研究でも知られる美術家・菊畑茂久馬が、5月21日、85歳で逝去した。

『美術手帖』(美術出版社)15年9月号より、菊畑茂久馬 写真=酒井咲帆

 日本の前衛美術に大きな足跡を残し、戦争画や炭鉱画家・山本作兵衛の研究でも知られる美術家・菊畑茂久馬が5月21日に逝去した。享年85。

 菊畑は1935年、長崎市生まれ。56年に第24回独立美術展に入選し、57年から62年まで前衛美術家集団「九州派」に参加、58年には「第10回読売アンデパンダン展」(東京都美術館)に出品するなど、60年代初頭にかけて「反芸術」の潮流で中心的な動きを見せる。1964年には南画廊で材木を支持体にエナメル塗料でルーレットの盤面とした「ルーレット」シリーズを発表した。

 その後、一度は美術界から身を引くが、19年を経た83年、大作絵画シリーズ「天動説」を発表。以降は「月光」「月宮」「海道」「海 暖流・寒流」「舟歌」「天河」「春風」といった、絵画の連作を制作してきた。

 また、ユネスコ記憶遺産の登録を受けた筑豊の炭鉱画家・山本作兵衛や、藤田嗣治をはじめとする戦争画など、近代日本の歴史と絵画の関わりについても論考を続け、『フジタよ眠れ 絵描きと戦争』(1978、葦書房)や『天皇の美術-近代思想と戦争画』(1978、フィルムアート社)といった著作も残している。

 11年には大規模な回顧展「菊畑茂久馬回顧展 戦後/絵画」(福岡市美術館・長崎県美術館)も開催された。