NEWS / EXHIBITION - 2017.8.15

窓は文化! YKK APの「窓学展」 にレアンドロ・エルリッヒらが参加

YKK APが取り組む、窓を学問として多角的に探究する活動「窓学」が10周年を迎えるのを記念し、窓をテーマにしたアート作品と、これまでの研究成果を紹介する展覧会が開催される。会期は9月28日〜10月9日。

レアンドロ・エルリッヒ Window and Ladder - Too Late to Ask for Help 2008 © Lorenzo Flaschl, Courtesy of Galleria Continua

レアンドロ・エルリッヒ Window and Ladder - Too Late to Ask for Help 2008 © Lorenzo Flaschl, Courtesy of Galleria Continua

 「窓学」とは、窓を中心とした建材メーカーYKK APが、「窓は文明であり、文化である」という思想のもと2007年より取り組んでいる研究活動。2013年には「窓研究所」を設立し、研究者や建築家とともに窓をアカデミックな視点から調査・研究してきた。

 この活動が10周年を迎えるのを記念し、過去10年間の研究成果をわかりやすく紹介する「窓学展―窓から見える世界―」が開催される。アートの分野からは、レアンドロ・エルリッヒ、ホンマタカシ、鎌田友介の3名が本展のために窓をテーマに制作した作品を発表。アカデミックの分野からは、東京大学をはじめとする大学および研究機関より、五十嵐太郎ら7名による研究展示が行われる。

 会期中の10月3日には「窓学国際会議―窓は文明であり、文化である―」も開催。建築家の槇文彦や塚本由晴、建築写真家のイワン・バーン、歴史家・建築家の藤森照信、建築家・建築史家のヴィットリオ・マニャーゴ・ランプニャーニ、特別展示にも参加するデザイナーのミケーレ・デ・ルッキなど、国内外から招待された約20名の多彩なゲストが「窓」を語る。

ホンマタカシ La Tourette Monastery, France 2017