NEWS / EXHIBITION - 2018.6.24

この夏「アニマルズ」がやってくる!
彫刻家・三沢厚彦の個展が
横須賀美術館で開催

クスノキの丸太から造形を彫り出し、油絵具で彩色した動物シリーズ「アニマルズ」知られる彫刻家・三沢厚彦の個展、「三沢厚彦 ANIMALS IN YOKOSUKA」展が横須賀美術館で開催される。会期は6月30日~9月2日。

「三沢厚彦 ANIMALS IN YOKOSUKA」メインイメージ 撮影=浅田政志

 三沢厚彦は1961年京都府生まれ。東京藝術大学美術学部彫刻科卒業、同大学院美術研究科修士課程を修了。現在は武蔵野美術大学特任教授を務めている彫刻家だ。

 2000年から、クスノキから彫り出した動物シリーズ「アニマルズ」を制作。三沢の代表作であり、代名詞ともいえる本シリーズは、ライオン、トラ、クマなど迫力ある大型動物からヤモリやカエルなどの小さな生き物、ユニコーンといった空想の動物まで、ほぼ原寸大でつくられている。

三沢厚彦 Animal 2010-01 2010 撮影=永野雅子 © Misawa Atsuhiko Courtesy of Nishimura Gallery

 大きな作品は数本の木をつなぎ合わせる”寄木”を用い、動物の筋肉や毛並みを木彫と彩色で表現。生々しい質感が独特の存在感を生んでいる。

三沢厚彦 Animal 2014-01 2014 撮影=三沢厚彦 © Misawa Atsuhiko Courtesy of Nishimura Gallery

 様々な動物をほぼ原寸大で彫りだして彩色した作品は、非再現的な独自の動物表現により新たなリアリティを提示するとともに、見る者の記憶やイメージを喚起し創造的な鑑賞へと導く。

三沢厚彦 Bird 2018-01 2018 撮影=三沢厚彦 © Misawa Atsuhiko Courtesy of Nishimura Gallery

 本展「三沢厚彦 ANIMALS IN YOKOSUKA」では、新作を含む彫刻と絵画、ドローイングを展示。三沢作品の魅力を改めて体感する機会となるだろう。