AdvertisementAdvertisement
INTERVIEW - 2022.9.11

大竹伸朗インタビュー。「わかろうとする欲求がある限り、つくり続ける」

大竹伸朗。カタログ掲載のために3日間のみ東京国立近代美術館のテラスに設置された《宇和島駅》の前で

大竹伸朗

大竹伸朗 赤いヘビ、緑のヘビ 1984 162×162 cm Photo: 岡野圭

大竹伸朗 4つのチャンス 1984 162×162cm

大竹伸朗 憶片 2005 40×90×37cm Photo: 宮脇慎太郎

《宇和島駅》が設置された東京国立近代美術館

大竹伸朗が手がけた「パフィオうわじま」1階ホールの緞帳。「できれば宇和島にまつわるものを」という依頼で緞帳の原画を制作することになった大竹は、「赤松ののぞき岩」という馴染みのある風景でマッチ箱をデザインするイメージで原画を手がけた

「パフィオうわじま」内にある図書館には大竹が蔵書を寄託した「大竹文庫」があり、市民に親しまれている

《宇和島駅》と大竹伸朗

大竹伸朗

前へ
次へ
10 / 10
前へ
次へ
編集部