• HOME
  • MAGAZINE
  • INSIGHT
  • 苦境の美術館をいまこそ応援。美術館を支援する方法まとめ
2021.5.22

苦境の美術館をいまこそ応援。美術館を支援する方法まとめ

緊急事態宣言にともない、多くの美術館・博物館が臨時休館に。感染対策のための定員抑制も行っており、各美術館の入場料収入は大きく落ち込んでいる。こうした状況のなか、美術館を支援できる方法をまとめた。

独立行政法人国立美術館のオンライン寄付サイト
前へ
次へ

 3度目となる緊急事態宣言にともない、各都府県では多くの美術館・博物館が臨時休館に入っている。開館時も感染対策のための定員抑制を行っているなか、各美術館の入場料収入は大きく落ち込んでいるのが現状だ。美術館がこうした状況にあるなか、支援する方法をまとめてみた。思い入れのある美術館や、地元の美術館など、ぜひ支援をしてみてほしい。

美術館「友の会」に入会する

 美術館の活動をサポートし、展覧会の割引などの様々な優待を受けられる「友の会(メンバーシップ制度)」。ただ支援するだけでなく、特典についても注目したい。

 例えば森美術館(東京・六本木)は、現代アートの輪を広げることを目指して、アートファン同士の交流やアーティストの活動支援を目的に、メンバーシップ・プログラム「MAMC(マムシー)」を準備している。展覧会の一般会期に先立って行われる内覧会・レセプションに、同伴者とともに招待されるほか、アーティストと交流できるイベントも用意。作品誕生の背景や制作過程を深く知ることで、現代美術の本質に迫ることが可能だ。年会費はフェローが22000円、ベネファクターが44000円となっている。

森美術館ウェブサイトより、MAMC個人メンバーの紹介

 また、三菱一号館美術館のサポーター制度、通称「MSS」では、入館料が無料になる特典に加え、休館日にサポーター限定の貸切鑑賞会を1展覧会につき1回実施しており、音声ガイドの無料貸出などといった当日限定のサービスも容易。静かな空間で、いつもとは違う贅沢な観覧が楽しめる。本人と同伴者1名までの「MSS」が7500円、本人のみの「MSS-mini」が4000円だ。

三菱一号館美術館のサポーター制度のチラシ

  民藝運動の第一人者として知られる柳宗悦により企画され、1936年に設立された日本民藝館。手仕事の美しさを取り入れた豊かな生活を実践することを目的としている。 同館の「友の会」に入会すると、会員証の提示で同館のみならず、大阪日本民芸館および鈴木大拙館の入館料が無料に、豊田市民芸館が割引になるほか、民藝品や工芸品をあつかっているミュージアムショップが割引きになるなど、民藝に興味のあればぜひ利用したい制度だ。また、世田谷美術館にも割引料金で入館することができるのも、世田谷近辺に足を運ぶことが多い人には嬉しい特典だ。

日本民藝館

 以上のように、各美術館が用意する「友の会」の特典内容だが、多くの美術館でも年間を通して入場料が無料になる制度が用意されている。コロナ禍での入場料収入減などで打撃を受ける美術館を支援する方法として、まずは親しみのある館の「友の会」に入会してみてはいかがだろうか。

図録やミュージアムグッズを購入する

 図録やグッズの売り上げも美術館にとっては貴重な収入源だ。この機会に各館のミュージアムグッズにも目を向けてはいかがだろうか。

 ウェブ版「美術手帖」では、オンラインで楽しめる全国のミュージアムショップをまとめた記事も掲載している。サルバドール・ダリのコレクションで知られる諸橋近代美術館や、郷土出身の画家・竹久夢二の作品を収集してきた夢二郷土美術館、西洋美術史を代表する名画1000余点を陶板で原寸大に再現・展示する大塚国際美術館など、コロナ禍の移動自粛で訪れることが難しい個性的な地方美術館も、オンラインショップなら支援することができる。

夢二郷土美術館ミュージアムショップのウェブサイトより

 ほかにも、東京都美術館のミュージアムショップ「hmm,(ふむふむ)」は、オンラインショップも充実している。なかでも、18人のクリエイターが、自身の気に入った絵画をモチーフに描き下ろした作品をプリントしたTシャツはここでしか買えないものだ。

東京都美術館の「hmm,」のウェブサイトより

 美術館がオンライン販売のシステムを持っていない場合でも、ウェブの通販サービスを使うことで売り上げに貢献することが可能だ。ECサイトの「OIL by 美術手帖」では展覧会図録・グッズの特設サイト「Exhibition Catalogue & Goods Collection」を展開している。太田記念美術館の「和装男子 ─江戸の粋と色気」、京都国立近代美術館の「チェコ・デザイン 100年の旅」など、話題を集めながらも緊急事態宣言などで訪れる機会を逃した人も多いであろう展覧会の図録を販売。図録を購入して美術館の収入に寄与するとともに、展示内容を見てはいかがだろうか。

OIL by 美術手帖の「Exhibition Catalogue & Goods Collection」より

 渋谷PARCO4階の「ほぼ日カルチャん」のウェブショップでも、様々な展覧会の図録やグッズを販売している。PLAY! MUSEUMの「みみをすますように 酒井駒子」展や、世田谷美術館の「アイノとアルヴァ 二人のアアルト フィンランド―建築・デザインの神話」など、休館中の美術館の図録も広くあつかっている。再開までのあいだは、図録を購入して支援しつつ、展示内容を予習してみるのもいいだろう。

「ほぼ日カルチャん」のウェブショップ

 本来であれば、美術館を訪れて購入したい図録やミュージアムグッズだが、とくに緊急事態宣言下では難しいことも多い。オンラインショップを有効に活用することで、図録やグッズを楽しみながら支援してみてほしい。

オンライン寄付サイトを利用する

 美術館によるクラウドファンディングも、美術館の支援としては注目を集めた。これまでに山種美術館、大原美術館、ワタリウム美術館などが実施し、多額の支援を集めた。現在、美術館や博物館の大きなクラウドファンディングはないものの、今後新たに実施する館があれば積極的に紹介したい。

 独立行政法人国立美術館では、オンライン寄付サイトを立ち上げている。寄付を募集している事業は全部で7つ。「展覧会・上映会」「調査・研究」「所蔵作品・フィルムの修復」「教育普及」「建物・設備の整備」「情報・資料の収集」「国立美術館全体への寄附」に分かれており、一口1000円から支援することが可能だ。寄附には特典もあり、10口以上でノート、20口以上でポーチ、50口以上でモバイルバッテリーが贈答される。

独立行政法人国立美術館のオンライン寄付サイト

SNSによる情報発信で支援

 直接の金銭的な支援でなくとも、個人のTwitterやInstagramで応援したい美術館の展覧会の感想や思いをつぶやくだけでも、美術館の魅力を広く周知する手伝いができるかもしれない。また、米国ではTwitterの投げ銭機能「Tip Jar」が導入されており、今後はより手軽な支援が可能になるかもしれない。