EXHIBITIONS

生の軌跡ーTraces of Lifeー

武澤久 銀河 1991

田島弘章 題不詳 1962

白川昌生 AKAGI 1995 撮影=木暮伸也

砂盃富男 題不詳 1964頃

河口龍夫 闇に潜む浮遊物 1963

福沢一郎 聖母像 制作不詳

金子真珠郎 泣く児 制作不詳

榎木陽子 シティーランナー 2010

塩原友子 ひかり 1990

加藤アキラ REPORT-EA9 1966

鈴木ヒラク Constellation#19 2017 撮影=神宮巨樹

伊藤存 みえない土地の建築物/前橋 2013 撮影=木暮伸也

 アーツ前橋では収蔵作品を中心に、地域ゆかりの作家の作品や県内の美術館、コレクターの所蔵作品とともに構成するテーマ展「コレクション+」を開催してきた。今回は「軌跡」をテーマに、絵画、写真、映像、立体、インスタレーションなどの多彩な作品を紹介する。

「軌跡」は、人や物事、時間のたどってきた跡や、内的な世界の表出、図形を表す線など多くの意味を内包する言葉。アンドレ・ブルトンの編著書『夢の軌跡』では、シュルレアリスムに基づき「夢」は芸術の根源とされる無意識の象徴とされている。

 また軌跡は「線」そのものを示し、線によって描かれるドローイングには思考の源が表れ、線の軌道が描き出す「円」には、抽象的、幾何学的な形態のみならず、精神的なものを含めた概念や関係性を見出すことができるだろう。

 今回の「コレクション+」は、無意識の表象、あるいは行為や運動の記憶など、様々なかたちで表出する「軌跡」について考察する試み。アーツ前橋収蔵作品に加えて、本展のテーマに基づく群馬県内の美術館をはじめ、所蔵家や作家の所蔵する貴重な作品が一堂に会する。

 出展作家は、田島弘章、河口龍夫、駒井哲郎、砂盃(いさはい)富男、廣瀬智央、ジャン・デュビュッフェ、佐藤敬、掛井五郎、マックス・エルンスト、瑛九、ソル・ルウィット、福沢一郎、村田峰紀、小泉明郎、菅野創+やんツー、金子真珠郎、鈴木ヒラク、津上みゆき、山口薫、榎木陽子、岡本健彦、塩原友子、オノサトトシノブ、白川昌生、加藤アキラ、鬼頭健吾、伊藤存、武澤久。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。