EXHIBITIONS

ヨハン・デックマン「You May Not Want To Hear This」

ヨハン・デックマン The Way I Felt 2021

ヨハン・デックマン Pain/Gain 2020

ヨハン・デックマン Emotional Baggage 2017

  コペンハーゲンを拠点に活動するアーティスト、ヨハン・デックマンの日本初個展「You May Not Want To Hear This」が、MAKI Gallery / 天王洲 I, 東京で開催される。

 デックマンは1976年生まれのアーティストであり、心理療法士。本や鞄など、ファウンド・オブジェ(見出された対象)を用いて、人生の複雑さへの風刺的な解釈を示すウィットに富んだタイトルや、哀愁を漂わせるフレーズを英語で描く。

「無意味な明日を乗り切る方法」「不可能なんてない(本当はそうでないと気づいた時に限る)と信じる方法」など、色褪せた表紙に配置された皮肉めいたタイトルは、普遍的な不安や恐怖、日々のフラストレーションやプレッシャーに鋭く言及し、そこにはデックマンの心理学的バックグラウンドが組み込まれている。そして本は閉じられているため、鑑賞者はそれぞれの内省へと導かれる。

 近年、デックマンは洞察に満ちたワンフレーズをキャンバスに描き始めた。「いま知っていることを知る前の気持ちに戻りたい」や「誰にも気づかれないほど高い壁を作る方法」などのフレーズが大胆に刻まれ、シンプルに枠で囲われているか、単色の背景に配置された率直な絵画は、それらが持つ言葉の誠実さを引き立たせている。

 本展では、新作のペインティングシリーズやミクストメディアの立体作品、そしてウィットに富んだ英語のタイトルや鋭いフレーズを本にペイントし、人生を巧みに表した作家の代表シリーズを紹介する。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。