EXHIBITIONS

挑む 岡本太郎

岡本太郎 挑む 1980

岡本太郎 挑み 1980

岡本太郎 装える戦士 1962

 戦後、旧態依然とした日本の画壇や社会に対峙し、自らの力で新しい芸術の創造に挑んだ岡本太郎。画家として出発した岡本は、絵画という狭い枠組みを超えて壁画や彫刻、家具や日用品に至るまで様々なジャンルに挑戦し、数多くの作品を制作した。また巨大なモニュメント制作にも挑み、《太陽の塔》を代表作とするパブリック・アートの数々は、現在も日本各地に設置されている。

 岡本はまた、雑誌や著作、テレビやラジオなど、様々なメディアを通じて幅広い分野にわたり旺盛な言論活動を行ったことでも知られ、その力強いメッセージは、美術界だけでなく広く一般の人々に影響を与えた。岡本の強靭な思想は、 少年期に岡本一平、かの子という芸術一家のなかで育ち、 両親と対等に議論を交わすことで培われ、青年期のパリで先鋭的な芸術家や思想家たちと交流し、ともに活動するなかで身につけたものだ。

 生涯をかけて時代に挑み、ジャンルを超えて多彩な作品を生み出し、そしてメッセージを発信し続けた岡本。本展では、挑み続けた岡本の足跡を、多彩な作品と岡本の言葉とともに紹介する。

 岡本の作品や言葉の数々は、現在のコロナ禍で閉塞した社会を生きる私たちをも勇気づけてくれるだろう。