EXHIBITIONS

花代「雲峯のたぬき婆さん」

2021.02.25 - 03.21

化け狸 花代 映像=斎藤玲児 音=中原昌也

 芸妓、ミュージシャン、モデルとしても活動するアーティスト・花代の個展「雲峯のたぬき婆さん」がSYP Galleryで開催される。

 花代は1970年東京都生まれ。日常を幻想的な色彩で切り取る写真やコラージュ、それらに音楽などを加えたインスタレーションを発表。パレ・ド・トーキョーはじめ多数の展覧会に参加するほか、ボーカルとしてはメイヨ・トンプソン、ジョナサン・ペプラー、秋田昌美、中原昌也らと共作する。またトニー・コンラッドの舞台音楽でも共演。主な写真作品集に『MAGMA』『berlin』『点子』、音楽アルバムに『Gift/献上』『wooden veil』などがある。

 本展では、過去と現在、伝承と現実という不思議な感覚とともにリアルを感じる、映像作品とインスタレーションを展示。会場のSYP GALLERYの周りに多くある坂の名前を調べるなかで見つけた伝承「夜になると元気になる婆さん」から着想を得た花代は、主人公である画家・大岡雲峯が体験した超現象を手がかりに、「坂の名前がつけられた頃といまとのつながりを考えることが、不自由な昨今をどうやって生きていくのかのヒントになるような感じがしている」と言う。

 花代は「夜になると元気になる婆さん」に登場する「化け狸」を演じ、斎藤玲児音が映像を、中原昌也が音楽を手がける。