EXHIBITIONS

シュ・ニン(許寧)展「Season – Letter」

シュ・ニン Season - Letter 2019 © Xu Ning

Rain, rainbow 2019 © Xu Ning

Oil painting in history - Freedom 2020 © Xu Ning

いと、イト 2019 © Xu Ning

River, rain 2020 © Xu Ning

Yesterday, Tomorrow 2020 © Xu Ning

 北京出身のアーティスト、シュ・ニン(許寧)の初個展「Season – Letter」が小山登美夫ギャラリーで開催される。

 シュは1979年生まれ。北京の首都師範大学油画専攻専科を卒業後、2006年に日本へ移住し、20年に多摩美術大学大学院修士課程絵画専攻を修了する。同年、アートアワードトーキョー丸の内2020においてグランプリを獲得。現在、神奈川県を拠点に制作活動を行う。

 シュは作品制作において、母国・中国の古代思想や、ヤン・ファン・エイクをはじめとしたネーデルランド絵画の迫真のリアリティ、またドルチェ&ガッバーナのファッションの装飾と革新性や、自然の美、生命の儚さといった、時代や国境、ジャンルを越えた事象との出会いと発見から多くの影響を受けてきた。

 大きなキャンバスに、面相筆(穂先のきわめて細長い筆)で色面や線を一筆一筆重ねて描き上げる緻密さと、ドリッピングによる絵具の跳ねや垂れの偶然性を共存させた作品は、絵具の色の鮮やかさや盛り上がりと白いフラットな部分の対比も合わさり、躍動感と迫力を生み出している。
 
 作家本人が「私にとって、なぜ絵を描くのかとなぜ生きるのかは同じである」と述べるているように、その作品には、世のなかのあらゆる出来事に真摯に向き合い、自分とは、真実とはなにかを絵を描くことで追求しようとする折れない信念、そして豊かな感情と様々な愛、一筆の積み重ねが織りなす果てしない時間が表われている。

 本展では、3メートルを超えるペインティングの大作をはじめ、情熱あふれる新作を中心に展示。シュは、自身に時間の経過を気づきかせ、「人間が生きている意味」を問いかけ、勇気と感動を与えてきた四季の変化を絵画で表現し、手紙のように鑑賞者に届けたいとしている。