AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

次元の衝突点

:35°42'59.0” - N 139°46'07.4”E - 36.0892”AA Ft.

2021.01.09 - 02.07

メインビジュアル

 The 5th Floorが初となる共同企画展「次元の衝突点:35°42'59.0” - N 139°46'07.4”E - 36.0892”AA Ft.」を開催。本展は、上村洋一と黒沢聖覇による展覧会「冷たき熱帯、熱き流氷」(トーキョーアーツアンドスペース本郷)との同時開催展となる。

「次元の衝突点:35°42'59.0" - N 139°46'07.4"E - 36.0892"AA Ft.」は、タイトルにおいて会場となるThe 5th Floorの緯度・軽度・絶対高度を指し、「極地」に留まらない、地表における「座標」を提示するという。

 出展作家は、島田清夏、下道基行、ヘアビヒ・シェラボン、上村洋一、黒沢聖覇、顧剣亨、マリア・タニグチの7人。キュレーションは、立石従寛、髙木遊、三宅敦大によるキュレイトリアル・コレクティブHB.が担当。新型コロナウイルスの流行で「移動」が制限されているいま、7人のアーティストとともに、人間がもつ「座標」という合理化された言語から立ち上げる想像力を、喚起することを試みる。

 これと同時に開催される「冷たき熱帯、熱き流氷」展は、北海道オホーツク海における流氷の調査及び作品制作を行ってきたアーティストの上村と、ブラジルのアマゾン地域を調査したキュレーターの黒沢聖覇の2人が、「新しい環境観」を志向する共同制作プロジェクト。

 北海道大学との連携・協力のもと、オホーツク海における流氷と、アマゾンの熱帯雨林のリサーチから得た成果を、「冷たさ」と「熱さ」の対比を用いながら、正反対の2つを重ね合わせることで、環境に対する新たな観点が示される。