EXHIBITIONS

パラレル・ヒストリーズ

現代アートの諸潮流

2020.11.21 - 2021.01.11

宮島達男 LIFE(complex system)- no.1 2017 静岡県立美術館蔵 Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE

モーリス・ルイス ベス・アイン 1958 静岡県立美術館蔵

高松次郎 These Three Words 1970頃 静岡県立美術館蔵 ©︎ The Estate of Jiro Takamatsu Courtesy of Yumiko Chiba Associates

川俣正 袋井駅前プロジェクト 1988 静岡県立美術館蔵 Courtesy of Art Front Gallery

大庭大介 RING 2016 個人蔵 Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE

 現代美術の表現に焦点を当てた展覧会「パラレル・ヒストリーズ 現代アートの諸潮流」が静岡県立美術館で開催されている。

 時代ごとに多様化し、多種多様な表現が生まれ続ける現代美術。絵画や立体、テクノロジーを駆使したものなど、芸術家の発想によって新しい地平が開かれてきた。

 現代美術の定義は様々なものが考えられ、仮に戦後に現れた新しい傾向に分類すると、すでに75年という歴史をもつ。その間、既存の枠組みが大きく変化し、素材や技法だけでなく、空間や概念まで、急速に表現のあり方が拡張され、いまに続いている。

 本展は、6つのテーマのもと、現代美術と伴走してきた静岡県立美術館の所蔵品を中心に精選した作品群を展示。「絵画という難問」「空間とのかかわり」「地面と重力」「アートの断捨離」「見ることの不思議」「テクノロジー」のテーマを手がかりに、現代美術の流れを、いくつもの潮流がより合わさったものとして紹介する。

 主な出展作家は、磯辺行久、草間彌生、斎藤義重、辰野登恵子、吉原治良、李禹煥、アンゼルム・キーファー、川俣正、関根伸夫、宮脇愛子、白髪一雄、名和晃平、元永定正、モーリス・ルイス、河原温、高松次郎、ジョセフ・アルバース、ドナルド・ジャッド、ジョゼフ・コスース、リチャード・セラ、大庭大介、アニッシュ・カプーア、中村宏、宮島達男、森万里子、ダレン・アーモンドなど。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。