AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

内倉真一郎 個展「私の肖像」

2020.09.26 - 11.07

内倉真一郎 from the series My Portrait 2019 ©︎ Shinichiro Uchikura Courtesy of KANA KAWANISHI GALLERY

内倉真一郎 from the series My Portrait 2020 ©︎ Shinichiro Uchikura Courtesy of KANA KAWANISHI GALLERY

内倉真一郎 from the series My Portrait 2020 ©︎ Shinichiro Uchikura Courtesy of KANA KAWANISHI GALLERY

内倉真一郎 from the series My Portrait 2020 ©︎ Shinichiro Uchikura Courtesy of KANA KAWANISHI GALLERY

内倉真一郎 from the series My Portrait 2020 ©︎ Shinichiro Uchikura Courtesy of KANA KAWANISHI GALLERY

内倉真一郎 from the series My Portrait 2020 ©︎ Shinichiro Uchikura Courtesy of KANA KAWANISHI GALLERY

内倉真一郎 from the series My Portrait 2020 ©︎ Shinichiro Uchikura Courtesy of KANA KAWANISHI GALLERY

 内倉真一郎の写真集『私の肖像』(赤々舎)の刊行を記念した個展がKANA KAWANISHI PHOTOGRAPHYで開催される。

 内倉は1981年宮崎県生まれ。日本写真映像専門学校(大阪)卒業後に独立し、現在は宮崎県で活動。主な受賞歴に、第41回キヤノン写真新世紀優秀賞 (2018年澤田知子選)、 第33回・34回・36回キヤノン写真新世紀佳作(2010年清水穰選、2011年大森克己選、2013年椹木野衣選) 、第7回EMON AWARDグランプリ(2018年)ほか多数。作品集に『十一月の星』(2019)、『Collection』(2019)などがある。

 今回の展示にて初公開の新作『私の肖像』では、黒い背景の前に立つの、撮られることを職業としない一般の人々を撮影。内倉は王道的なポートレイト写真の手法を用いながら、自然光のもとで被写体の存在感が放たれる瞬間をとらえ、1枚1枚が独特の質感を伴う写真をつくり出した。
  
 本展では、『私の肖像』より特有の「気配」を内に湛えた作品を展示。プリントを鑑賞することでこそ体感できる、奥深い肖像写真の世界が広がる。