EXHIBITIONS

ジャスティーン・ヒル「Pull」

2020.04.11 - 05.09

ジャスティーン・ヒル Feet 2020

ジャスティーン・ヒル Stilts 2020

ジャスティーン・ヒル Bookend 11(Cyclops) 2019

ジャスティーン・ヒル

 ニューヨーク・ブルックリンを拠点に活動するアーティスト、ジャスティーン・ヒルの日本初個展が開催される。

ヒルは1985年ニューヨーク州タリータウン生まれ。色、メイド、透明度の異なるメディアを用い、原始的なマークや形を引用した抽象絵画を発表。その形状や鮮明度は、物理的で恒常的でありながらデジタルペインティングのツールを彷彿させ、いくつものレイヤーの重なりや引き合うフォルムが見る者の想像力を掻き立てる。

 また伝統的な長方形の絵画と並行して、「Cut Outs(切り取り、切り抜き)」と作家自身が呼ぶユニークな形状のキャンバスをいくつも組み合わせた作品も制作。エリザベス・マレーを思わせる「Cut Outs」は、平面でありながら立体作品としての表現も持ち合わせている。

 自身の制作の上で大事にしている点について、「パーツの配置」を挙げ、「作品を整えて、完成したフォルムを保ってくれる力やエネルギーを知ることが、作品を理解する鍵です」と語るヒル。本展では、足をモチーフとした「Hold the capstone」シリーズと、そこから発展した最新作《Stilts》《Feet》など、独特の不定形のキャンバスに色彩豊かに描かれた作品14点が展示される。

※新型コロナウイルス感染拡大の影響により内容の一部変更を行う場合あり。変更が生じた場合は、公式ウェブサイトにて案内。