EXHIBITIONS

大久保紗也「They」

大久保紗也 They 2020 ©︎ Saya OKUBO Courtesy of the artist and WAITINGROOM

大久保紗也 Pointing(repeat) 2020 ©︎ Saya OKUBO Courtesy of the artist and WAITINGROOM

 ペインターの大久保紗也が、WAITINGROOMでは2年ぶりとなる個展を開催する。

 大久保は1992福岡生まれ、京都を拠点に活動。輪郭線として表現される記号的なイメージと、物質感を伴うフェノメラルな像のうねりという、2つの分離した要素を共存させた絵画を制作。モチーフとなる人体の様々なパーツや、人間が日常で使うあらゆるポーズは、大久保が日々描いているドローイングがもととなっている。

 自身の制作を「平面空間におけるモノや人の存在、実存について探る行為」と語る大久保。本展では、複数の人のパーツやポーズを組み合わせて描いた大型の新作絵画シリーズ「They」を発表する。

 新シリーズは、英語圏での単数形「they」の使用増加などから見る、人々のイメージや感覚における自らと他者の境をテーマとした作品群。以前から構想を温めていた波板のプラスチックシート(トタン板)を支持体に使用し、つねに揺れ動き振動しているような不安定な画面内で複数の人々が重なり合うモチーフを描いた。

 また、啓示の意で古くから絵画に登場する「指を差す」行為をモチーフにした作品を合わせて展示し、物言わぬ指示にゆるく誘導されていく様な展示空間をつくり出すという。

※WAITINGROOMは新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、臨時休廊。これに伴い、本展の開催を延期。ギャラリーの再開については、公式ウェブサイトおよびSNSにて随時案内。