EXHIBITIONS

美人のすべて

2020.01.29 - 03.08

上村松園 美人観月

上村松園 初雪

上村松園 雪女

山川秀峰 振袖物語(右幅)

山川秀峰 振袖物語(左幅)

「美人画」とは容姿や装い、あるいは感情の動きや内面から醸し出される美しさなど、様々な観点から女性の魅力を描いた絵画のこと。明治時代以降、日本画の重要なジャンルとなり、多くの画家が絵筆を振るった。

 京都を代表する日本画家・上村松園は、女性が画家を職業として生きることが困難だった時代に、独自の美人画を開拓。その功績によって、女性初の文化勲章を受章した。

 本展では理想的な「美」を追求した松園作品を中心に展示。なかでも近年発見された《雪女》の原画は本展が日本初公開となり、一般に知られる松園作品のイメージとは異なる趣を見ることができる。

 そのほか、鏑木清方や伊東深水の作品、動物画に定評のある画家・木島櫻谷が描いた稀少な美人画《婦女図屏風》など、東西で活躍した画家たちも紹介。華麗な衣装と、美しい仕草や表情を巧みにとらえた作品たちを楽しみたい。