EXHIBITIONS

何必館コレクション

ロベール・ドアノー展

2020.02.01 - 03.15

ロベール・ドアノー 市役所前のキス 1950 何必館・京都現代美術館蔵

ロベール・ドアノー パピヨンの子供 1945 何必館・京都現代美術館蔵

ロベール・ドアノー ピカソのパン 1952 何必館・京都現代美術館蔵

 パリとそこに暮らす人々の撮影に生涯を捧げた写真家ロベール・ドアノー(1912〜1994)。パリの雑踏のなかの恋人たちをとらえた《市役所前のキス》などで知られ、卓越した観察眼のもとで撮られた写真は、時代を超えて愛され続けている。

 パリ郊外のジョンティイに生まれたドアノーは、石版画を学んだ後、18歳の頃より本格的に写真家としての活動を開始。雑誌『ヴォーグ』や『ライフ』などの仕事を引き受けるいっぽう、パリの街を歩きまわり、その日常をユーモアと愛情を持って写し出した。

 本展では、人間味を感じさせるドアノーの写真作品約75点を、「恋人」「街路」「子供達」「酒場」「芸術家」の5つのセクションに分け、オリジナルプリントで展示。さらに、「アトリエ・ロベール・ドアノー」を訪ねて撮影した写真や、娘に向けたインタビュー映像なども交え、ドアノーの世界を多角的に探る。