EXHIBITIONS

フリードリッヒ・クナス「Live Forever」

BLUM & POE|09.06 - 10.18

フリードリッヒ・クナス Live Forever 2019 © Friedrich Kunath Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/Tokyo

フリードリッヒ・クナス When We Let Go 2018 © Friedrich Kunath Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/Tokyo

フリードリッヒ・クナス Day Is Done 2019 © Friedrich Kunath Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/Tokyo

フリードリッヒ・クナス I Can't Complain 2019 © Friedrich Kunath Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/Tokyo

 ロサンゼルスを拠点に活動するドイツ人アーティスト、フリードリッヒ・クナスの個展が開催される。

 クナスは1974年生まれ。普遍的な経験を崇高なものと結びつけ、叙情的な表現を湛えた作品を生み出し、2000年前後からその活動が広く知られてきた。これまでの個展に、「Juckreiz」(フィララ・コレクション、デュッセルドルフ、2016)、「A Plan to Follow Summer Around the World」(Créda イヴリー現代美術センター、フランス、2014)、「Raymond Moody's Blues」(モダン・アート・オックスフォード、2013)など。18年には過去15年間の活動をまとめた、320ページにもおよぶ作品集(リッツォーリ・エレクタ社)を発表した。

 日本では3年ぶりの個展となる本展では、クナスの人生観をテーマに描いた新作などを展示。本展開催にあわせ、銀座のブックショップBIBLIOTHECA (ビブリオテカ)では、これまで刊行された作品集や、クナスによるアートワークがカバーを飾るテニスカルチャーマガジン『Racquet Magazine』を販売するほか、ブック・サイニングイベントも予定している。