EXHIBITIONS

品川はるな「Do not say a little in many words but a great deal in a few」

2019.09.06 - 09.29

品川はるな「Do not say a little in many words but a great deal in a few」より

品川はるな「Do not say a little in many words but a great deal in a few」より

品川はるな「Do not say a little in many words but a great deal in a few」より

品川はるな「Do not say a little in many words but a great deal in a few」より

品川はるな「Do not say a little in many words but a great deal in a few」より

品川はるな「Do not say a little in many words but a great deal in a few」より

品川はるな「Do not say a little in many words but a great deal in a few」より

品川はるな「Do not say a little in many words but a great deal in a few」より

 品川はるなは1995年東京都生まれ。17年に東京造形大学絵画専攻を卒業し、同年に群馬青年ビエンナーレ入選、アートアワードトーキョー丸の内2017にノミネート。キャンバスから絵具を引き剥がすという、独自のメディウムの扱い方で表現された作品で注目を集めた。

 品川が主軸とするシリーズ「peel off the paint」は、アクリル絵具と剥離性のポリエチレンクロスを用いて、支持体のキャンバスから色面の膜の一部を引き剥がしてつくられる。品川は制作の過程で単色から異なった色面を同居させる、あるいはストロークを残して混色させるなどの実験を行い、絵画の構成要素について問い続けている。

 本展では、ミニマルで大胆な画面のなかの繊細さや、瞬間と永続、相反する様々なものを内包するアンビバレントな品川作品の魅力を紹介する。