EXHIBITIONS

武田陽介 072254 2019 © Yosuke Takeda Courtesy of Taka Ishii Gallery

武田陽介 072353 2019 © Yosuke Takeda Courtesy of Taka Ishii Gallery

 武田陽介は1982年愛知県生まれの写真家。2005年同志社大学文学部哲学科卒業。大学在学中より銀塩写真での制作活動を開始した。フィルムや印画紙の生産中止など、従来の銀塩写真の制作が困難になる状況を転機に、デジタル写真へと移行。印画紙に像を定着させる行為と、デジタルデータを操作する行為のあいだに立ち、写真の可能性を探求している。

 現在、デジタルカメラを強い光に向けた際に生じる現象をとらえるシリーズ「Digital Flare」に取り組む武田。光と影、偶然性といった写真の基本要素に対する強い関心を礎に、フレアやゴーストといった従来の写真では避けられる「レンズの痕跡」を定着させるという、異端な挑戦を展開してきた。

 本展では、武田の代表シリーズ「Digital Flare」の新作、近年の映像作品とこれにまつわる写真作品を公開する。