EXHIBITIONS

エミリー・メイ・スミス「Avalon」

ペロタン東京|08.27 - 11.08

エミリー・メイ・スミス Gleaner Odalisque 2019 Photo by Charles Benton Courtesy of the artist & Perrotin

 エミリー・メイ・スミスは、伝統的な西洋絵画に則り、社会への皮肉な眼差しをポジティブな表現へと転化するペインター。1979年テキサス州オースティンに生まれ、現在はニューヨークを拠点に活動。象徴主義、シュルレアリスム、ポップアートなど美術史における絵画のムーブメントに敬意を表しつつ、いたずらな社会的・政治的メッセージを込めた作品を制作している。

 長きにわたって女性にゆだねられてきた家事労働を象徴する「ほうき」をモチーフに描くスミス。その由来は、ディズニーの映画『ファンタジア』(1940)のシークエンスで、師匠気取りの魔法使いに反逆する道具として活躍する「ほうき」にあり、慎ましいシンボルを作中で様々な形象に変容させながら、ジェンダーやセクシュアリティといった現代の問題を訴えかけている。

 本展では、男性優位のアートを考察し、自身の女性としての見識と体験を組み込むスミスの作品を、日本で初めて紹介する。