EXHIBITIONS

長島有里枝×竹村京「まえ と いま」

長島有里枝 『過去完了進行形』より《ミモサ、アカシヤ》 2019

長島有里枝 『SWISS』より《祖母の花の写真のインスタレーションショットNo.1》 2007 東京都写真美術館蔵

竹村京 Playing Cards in Mirrors 2013-19 撮影=木暮伸也

竹村京 Between Tree, Ghost has come 2011 撮影=木暮伸也

 身近な人々をモデルに、社会における家族や女性のあり方を問う作品を制作する長島有里枝と、写真やドローイングの上に刺繍を施した布を重ねた作品によって、失われたものの存在やその記憶をとらえる竹村京の2人展が開催される。

 長島は1973年生まれ。2001年に第26回木村伊兵衛写真賞を受賞。写真作品に加え、現在は文章の執筆や映像、立体作品の制作など、ジャンルを超えた活動を行っている。いっぽう、竹村は1975年生まれ。2000年にドイツ・ベルリンに留学し、06年にはシドニー・ビエンナーレに出品するなど同地を拠点に世界各地で活動を展開してきた。

 長島の母方の祖父母は群馬県高崎市出身で、短編集『背中の記憶』(講談社、2009)には高崎の親戚の家で過ごした幼少期のエピソードや、大好きだった祖母の記憶が鮮やかに綴られている。そして15年に帰国し、高崎市に居を構えた竹村にとっても、家族にまつわる記憶は制作の重要なテーマとなっている。

 本展では、長島は祖父母の遺品を使った新作で、家族それぞれが生きた時間と自らの現在を接続させる。竹村は、東京の実家の取り壊しと両親の高崎への移住を機に、東京と高崎、過去と現在をオーバーラップさせ、記憶や時間の作品化を試みる。