EXHIBITIONS

江戸の凸凹 ―高低差を歩く

太田記念美術館|05.31 - 06.25

歌川広重 東都名所 御殿山花見品川全図

歌川広重 名所江戸百景 水道橋 駿河台

昇亭北寿 東都芝愛宕山 遠望品川海

北尾政美 江戸名所の絵

 海岸線沿いの土地を開拓した江戸の町を前身とする東京都。一歩路地に入れば坂道が入り組み、地名にも坂がつくものが多い。昨今では、こうした土地柄をユニークな視点でとらえた街歩きのテレビ番組や書籍などが静かに流行している。
 
 江戸時代の浮世絵を見てみると、歌川広重をはじめとする絵師たちもしばしば地形の高低差を意識して江戸の町を描写していることがわかる。江戸と現在の東京を比べると、建物など町並みの様子は大きく異なるものの、高低差や坂道などの地形の特徴は当時からほぼ変わらずに残っている。

 本展は、浮世絵に描かれた「江戸の凸凹」や「地形の高低差」に焦点を当てた展覧会。山や台地などの高所からの眺め、水辺を中心とする低地の風景、いまも名前がそのまま残っている有名な坂を題材とした作品など、様々な構図の浮世絵を紹介する。

 現代の地形とのつながり思い浮かべながら、江戸の町を散歩する気分で浮世絵鑑賞を楽しんでみてはいかがだろうか。