EXHIBITIONS

ベン・エドマンズ「私はここから どこへ向かえばよいのか?」

Kaikai Kiki Gallery|06.06 - 06.28

ベン・エドマンズ An expedition to somewhere that cannot be found 2019

ベン・エドマンズ The feeling that I lost today III 2019

ベン・エドマンズ The feeling that I lost today III(部分) 2019

ベン・エドマンズ Where should I go from here? 2019

ベン・エドマンズ Maybe this is all that was meant to be 2019

作業風景

 ベン・エドマンズは1994年イギリス・ノリッチ生まれのペインター。2016年にウィンブルドン・カレッジ・オブ・アートでファイン・アート・ペインティングの学士号を、18年にロイヤル・カレッジ・オブ・アートでペインティングの修士号を取得。現在はロンドンを活動拠点に、ミラノやベルギー、香港やニューヨークを舞台とする数々の展覧会やアートフェアに出展している。

 家族がセーリングやウィンドサーフィンなどに熱中し、アウトドアカルチャーに囲まれて育ったエドマンズ。中産階級的な志向とスポーツ趣味が入り混じった環境で過ごすうち、私的な行為を名ばかりのステータスと結びつける「仕事と遊び」のカルチャーが、陳腐さと神話に満ちていることを感じたという。

 この気づきのなかで生まれたエドマンズのペインティングは、現代主義的抽象表現主義やカラーフィールド・ペインティング、ミニマリズムといった美術様式と、エクストリーム・スポーツおよびファッションという現代的なアクセントとを組み合わせているのが特徴。またショックコードやクリップ、登山用品やセーリング用品といったアクティビティとレジャーのための用具が使われ、娯楽が潜在的に持つ現実逃避的な性質とそれらを経験したい消費者の欲求を暗示している。

 本展では、欧米の中産階級の社会・経済構造を観察し、現代の神話と信念体系を顕現させようと試みるエドマンズの新作を紹介する。