EXHIBITIONS

画中のよそおい

栃木県立美術館|04.19 - 06.15

 化粧(No. 5) ラ・メザンジェール編『ボン・ジャンル』より 1827年刊(1817年初版)

 古今東西で人々は自らの装いに工夫を凝らし、楽しんできた。とりわけ19世紀パリでは、ジャーナリズムの発展とともに、現代につながるモード(流行)が誕生。ほどなくして日本でも外国のファッションが様々なかたちで受け入れられ、独自の発展を遂げた。そして美術作品に描かれた人物たちも、当時の社会経済や文化を反映した、多様な装いに身を包んでいる。

 本展では、イギリスとフランスをはじめとする近代西洋から現代日本まで、美術作品に表されたファッションを、栃木県立美術館の所蔵品を中心に紹介。フランスの挿絵集『ボン・ジャンル』の挿画、モード画や風刺画で人気を博したポール・ガヴァルニの作品、マイセンの陶磁器、また日本からは舟越桂、石原友明、オノデラユキらの作品が展示される。

 さらに、画中の人々の服を着る・脱ぐ行為や、身体と服の関係性にも注目し、作品の中のファッションが紡ぐ物語をひも解く。