EXHIBITIONS

キャサリン・バーンハート「Big In Japan!」

NANZUKA|03.15 - 04.12

キャサリン・バーンハート Pepsi Planets 2018 © Katherine Bernhardt Courtesy of the artist and NANZUKA

 ニューヨークを拠点に活動するペインター、キャサリン・バーンハートの日本初個展が開催される。

 バーンハートは、1975年セントルイス出身。ニューヨークのスクールオブヴィジュアルアーツ修了。大型のキャンバスと鮮やかな色彩を用いて、マンガのキャラクターやポップカルチャーのアイコン、ニューヨークのストリートカルチャーを表現している。

 作品に登場するのは、ガーフィールド、ピンクパンサー、ミッキーマウス、スターウォーズといったコミック、アニメーション、映画のキャラクターたち。また、NIKEなどのスニーカー、タバコ、コカコーラ、SCOTCHテープといった日常生活の中で頻繁に目にするモチーフが数多く描かれている。

 こうした、一見ポップなアプローチは、現代のインターネットインフラの拡大がビジュアルアートにもたらすイメージの公共性の問題意識を示唆しているいっぽう、溢れかえる様々なイメージとのパーソナルな関係性、親和性についても焦点が当てられている。

 本展は、すべて新作の大作のキャンバス8点を中心に構成。ニューヨークで開催されている、ミッキーマウスの誕生90周年記念展「Mickey:The True Original Exhibition」にも参加するバーンハートが、そのキャラクターに親しみをもって引用したペインティングも展示される。