EXHIBITIONS

青木野枝 ふりそそぐものたち

長崎県美術館|02.08 - 03.23

青木野枝 ふりそそぐもの/赤 2018 撮影=山本糾 Courtesy of ANOMALY, Tokyo

青木野枝 空の水 2018 撮影=山本糾 Courtesy of ANOMALY, Tokyo

青木野枝 立山/2012 2012 豊田市美術館での展示風景 撮影=山本糾 Courtesy of ANOMALY, Tokyo

青木野枝 水のとどまるところIV 2007 豊田市美術館での展示風景 撮影=山本糾 Courtesy of ANOMALY, Tokyo

青木野枝 Untitled 1992 豊田市美術館での展示風景 撮影=山本糾 Courtesy of ANOMALY, Tokyo

 一貫して鉄を素材に作品を制作してきた彫刻家・青木野枝。工業用の鉄板を溶断し切り抜いたピース一つひとつを、空中でドローイングを描くようにつなぎ合わせて生み出される作品は、展示空間そのものの質と意味を鮮やかに変容させる。

 空気中に漂う水蒸気や微粒子といった目に見えないものの存在、日常のうちに何気なく目にした物事から得た心の揺らぎをモチーフに、自らの実感に根差した青木の世界観。九州の公立美術館での初個展となる本展は、近年青木が鉄とともに用いる石鹸や石膏などを素材とした近作、そして色ガラスという新たな素材を使用した作品からなるインスタレーションで構成される。

 会期中に行われる作家本人によるデモンストレーションでは、バーナーで鉄板を溶断し切り抜いたピースを、再び溶接しつなぎ合わせることで作品がかたちづくられる過程を実際に見ることができる。