EXHIBITIONS

画業60年還暦祭

バロン吉元☆元年

弥生美術館|01.03 - 02.17, 02.19 - 03.31

『日本柔侠伝』第30章 扉絵原画 『週刊漫画アクション』1979年6月28日号 © バロン吉元

『現代柔俠伝』蛟龍期4原画 『週刊漫画アクション』 1975年7月10日号 © バロン吉元

『どん亀野郎』真珠湾編表紙原画 1974 © バロン吉元

血蝶 1991 © バロン吉元

 『週刊漫画アクション』に10年に渡り連載された『柔俠伝』シリーズを筆頭に、1959年のデビュー以降、60〜70年代の劇画ブームの第一線で活躍したマンガ家・バロン吉元。『どん亀野郎』『黒い鷲』『殴り屋』など数多くの人気作を世に送り出した。

 しかし、『柔俠伝』シリーズの終了後、バロン吉元はすべての連載を終了し突如渡米。1985年に帰国し、バロンの名を伏せて、絵画制作に挑んでいる。

 本展はバロン吉元の画業60年を記念し、劇画作品から大型絵画作品まで、そのディープな世界を紹介(前後期展示替えあり)。会期中には、サイン会やギャラリートーク、スタジオジブリ・プロデューサーの鈴木敏夫やマンガ家の寺田克也らをゲストに招くトークイベントも開催予定。さらにミュージアムショップでは、『バロン吉元画集 男爵』を先行販売し、期間限定グッズも取り揃える。