EXHIBITIONS

アリ・マルコポロス展

ファーガス・マカフリー東京|01.12 - 03.09

アリ・マルコポロス The Park 2017-18 © Ari Marcopoulos Courtesy of Ari Marcopoulos and Fergus McCaffrey Gallery

アリ・マルコポロス Monogram Hunters 2018 © Ari Marcopoulos Courtesy of Ari Marcopoulos and Fergus McCaffrey Gallery

アリ・マルコポロス Upper Big Tracadie 2018 © Ari Marcopoulos Courtesy of Ari Marcopoulos and Fergus McCaffrey Gallery

 ファイン・アートとストリート・フォトグラフィの垣根を超える写真作品で、高い人気を得るアリ・マルコポロスの個展が開催される。

 マルコポロスは1957年アムステルダム生まれ。79年に初めてニューヨークを訪れ、ダウンタウンのアートシーン、急成長を遂げていたヒップホップ・カルチャーに参加。アンディ・ウォーホルのスタジオでモノクロ写真の印刷業務を2年間行った後、写真家のアーヴィング・ペンのスタジオ・アシスタントを務める。

 ポロスが被写体とするのは、作家自身の言葉によると「アウトサイダー、スケーター、ラップの神、アスリート、子供、木々、グラフィティ、顔、揉め事、車」など。初期ヒップ・ホップの生身で直感的な技巧と、80年代のダウンタウン・アートの皮肉に満ちたイメージに浸された文化を内包する、ユニークな作品を生み出している。また撮影する人物たちのライフスタイルや行動からヒントを得ることで、感情に直接訴える力と形式的な厳格さを両立させているという。

 本展では、過去2年間で新たに制作された3点の映像作品を公開する。ニューオリンズを旅する中で遭遇した音楽と集団との独特な出会いを記録した《Monogram Hunters》(2018)、アメリカ独立戦争時に解放された、黒人奴隷が設立した小さな街を撮影した《Upper Big Tracadie》(2018)、そしてブルックリンのウォルト・ホイットマン団地近隣にある、フェンスのない公共のバスケットボール・コートの風景を収めた《The Park》(2017–18)。これらを通じ、作家の新たな一面を紹介する。