EXHIBITIONS

ドアノーの愛した街パリ ROBERT DOISNEAU展

何必館・京都現代美術館|11.01 - 01.20

ロベール・ドアノー 市役所前のキス 1950 何必館・京都現代美術館蔵

ロベール・ドアノー ピカソのパン 1952 何必館・京都現代美術館蔵

 20世紀を代表する写真家のひとり、ロベール・ドアノーは、パリ郊外のジョンティに生まれ、石版画を学んだ後、18歳頃より本格的に写真の世界に入った。雑誌『ヴォーグ』や『ライフ』などに写真を提供し、生涯にわたってパリとそこに生きる人々を撮影し続けた。

 「写真はつくるものではなく、探すものだ」と述べた言葉が示すように、パリの雑踏の中を自由に歩いてとらえた数々の情景には、ドアノーの洗練されたエスプリとユーモアが鮮明に写し出されている。

 本展では、何必館コレクションの中から、「子供達」「恋人」「酒場」「街路」「芸術家」の5つのテーマで構成し、サイン入りオリジナルプリント約60点を展示する。