EXHIBITIONS

盛圭太 Bug report (Circuit) 2015 個人蔵 撮影=Tagma Hiroki © ADAGP Keita Mori Courtesy the artist and Galerie Catherine Putman, Paris

山下彩子 ササヤカなキモチについてのセイリ 2017 スパイラルホール 撮影=羽鳥直志

クィン・ヴァントゥ Courtesy Bridge(礼儀正しい橋) 2014

ジョリーン・モク house keeping(家を守る) 2016

 2018年9月〜12月にかけて国際芸術センター青森(ACAC)が行うアーティスト・イン・レジデンスに参加中の、盛圭太、山下彩子、クィン・ヴァントゥ、ジョリーン・モクによる成果発表展が開催される。

 盛は1981年北海道生まれ、パリを拠点に活動。紙や壁の上に糸をグルーガンで貼りつける独自の制作方法で、ドローイングという表現の拡張を試みている。

 山下は1984年東京都生まれ、桜美林大学文学部総合文化学科卒業。Nibroll、Co.山田うん、タバマ企画らのダンス作品に出演。近年は、人や社会との距離や齟齬をテーマとした作品を発表している。

 ヴァントゥは1978年アメリカ出身、ロンドン大学バートレット建築校博士課程在籍。もてなしの概念と社会的相互作用としての敷居に関心を寄せて制作を行う。

 モクは1984年生まれ。香港とイギリスに出自を持つ。「見る」という行動を社会への関与としてとらえ、カメラの視点を通して物事を見つめる手法を追求している。