EXHIBITIONS

田根 剛|未来の記憶

Archaeology of the Future―Search & Research

新国立競技場案 古墳スタジアム 2012 Dorell.Ghotmeh.Tane / Architects

エストニア国立博物館 2006‒16年 Dorell.Ghotmeh.Tane / Architects Photo by Eesti Rahva Muuseum

A House for Oiso  2014‒15 Dorell.Ghotmeh.Tane / Architects

Todoroki House in Valley 2017‒18 Atelier Tsuyoshi Tane Architects

 20代という若さでエストニア国立博物館の国際コンペに勝利し、また「古墳スタジアム」の応募案で新国立競技場のデザイン・コンクールのファイナリスト11人のひとりにも選ばれた気鋭の建築家・田根剛の個展が開催される。

 田根はフランス・パリを拠点に活動。2017年までダン・ドレル、リナ・ゴットメとともにドレル・ゴットメ・田根(DGT.)として、現在は「Atelier Tsuyoshi Tane Architects」の代表を務めながら、ヨーロッパと日本を中心に世界各地でプロジェクトが進行している。主な作品に《エストニア国立博 物館》(2006‒16)、《A House for Oiso》(2014‒15)、《LIGHT is TIME》(2014)、新事務所を設立後は《弘前市芸術文化施設(仮称)》(2017‒)など。受賞歴に、フランス文化庁新進建築家賞(2007)、フランス国外建築賞グランプリ(2016)、第67 回芸術選奨文部科学大臣新人賞(2017)ほか多数。

 東京オペラシティアートギャラリーとTOTOギャラリー・間の2会場で同時期に開催される本展では、「Archaeology of the Future―未来の記憶」を共通のテーマに、田根のこれまでの活動と、建築は記憶を通じていかに未来をつくりうるかという挑戦を紹介。TOTOギャラリー・間は「Search & Research」をキーワードとして、建築における思考と考察のプロセスを紹介し、田根がすべてのプロジェクトで実践する「考古学的リサーチ」の方法論を展観する。