• HOME
  • EXHIBITIONS
  • 魔都の鼓動 上海現代アートシーンのダイナミズム
EXHIBITIONS

魔都の鼓動 上海現代アートシーンのダイナミズム

熊本市現代美術館|09.21 - 11.24

陸揚(ルー・ヤン) 器世界の騎士 2018 © IKEUCHI Hiroto

張洹(ジャン・ホァン) Q Confucius No.2 2011 © Zhang Huan Studio All Rights Reserved

郭城(グオ・チャン) Still Life Mask series 2017

 現在の上海のアートシーン成立までに大きな役割を果たした巨匠から刺激的な若手作家まで、幅広い世代の作品を紹介する展覧会が開催される。

 中国随一の経済都市である上海は近年、地元政府の都市計画による後押しで、万博跡地を中心にアートの関係施設やイベントが続々と増加し、首都・北京を上回る勢いで文化芸術活動が活発化。大規模なビエンナーレや国際アートフェアのほか、商業施設を含む様々な日常空間の中でも次々に実験的な展示や活動が展開されている。

 本展では、ダイ・ジエンヨン(戴建勇)、グオ・チャン(郭城)、ルー・ヤン(陸揚)、ミァオ・イン(苗穎)、シァオ・ロンホァ(小龍花)、シュー・ジェン®(徐震®)、ユゥ・ヨウハン(余友涵)、ヤン・フードン(楊福東)、ヤン・ヨンリァン(楊泳梁)、ヤン・ジェンジョン(楊振中)、ジャン・ホァン(張洹)、ジャン・ペイリー(張培力)、Radical Space(激烈空間)の13組が出品。うち5組は日本初紹介。なかには本展で新作を出品する作家も。そのほか、ルー・ヤンと日本のクリエイターたちとのコラボレーションや、日用品を組み合わせてオリジナルの怪獣コスチュームを制作できる、シァオ・ロンホァによるワークショップ「怪獣人間」なども実施する。