EXHIBITIONS

リヒター/クールベ

国立西洋美術館|06.18 - 01.19

ゲルハルト・リヒター  シルス・マリア(882-1) 2003 作家蔵 © Gerhard Richter 2018 Courtesy of WAKO WORKS OF ART

ギュスターヴ・クールベ  狩猟者のいる風景 1873 国立西洋美術館蔵

 19世紀半ばにレアリスムを創始し、近代絵画史を切り拓いたギュスターヴ・クールベと、1960年代に資本主義リアリズムの旗手のひとりとして頭角を現して以降、現代美術の最前線に立ち続けるゲルハルト・リヒター。まったく無関係かにも思える新旧の画家だが、リヒターの自宅のダイニング・ルームには、クールベの風景画が飾られ、それと隣り合う部屋に自作の《シルス・マリア》が飾られているという。

 本展では、リヒターの自宅の様子を模し、クールベの《狩猟者のいる風景》とリヒターの《シルス・マリア》を展示。現代画家の眼差しを介して、国立西洋美術館が所蔵する過去の絵画を見つめ直すきっかけとなるだろう。