• HOME
  • EXHIBITIONS
  • 野口哲哉「~中世より愛をこめて~ From Medieva…
EXHIBITIONS

野口哲哉「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」

野口哲哉 STRIPE 2018

野口哲哉 Clumsy heart(オルビスの口紅でハートを描いている作品) 2018

野口哲哉 IRON ARMOUR-雑賀風- 2018

野口哲哉 Small sweet passion-南北朝の花- 2018

 表情豊かな鎧姿の人物をかたどった立体作品を制作し、国内外で活躍する若手作家・野口哲哉が4年ぶりとなる大型個展を開催する。

 野口は1980年香川県出身、2005年広島市立大学大学院修了。「現代アーティストたちによる LE MONDE DE COCO ココの世界」展(シャネル・ネクサス・ホール、2007)に出品した《シャネル侍2分の1縮尺座像》で注目を集める。2016年に「平成27年度香川県文化芸術新人賞」受賞。主な個展に、「野口哲哉展―野口哲哉の武者分類図鑑―」(練馬区立美術館、アサヒビール大山崎山荘美術館、2014)、「The HISTRICAL ODYSSEY」(羽田空港国際線ターミナル、2015)、「作品展 armored neighbor ~鎧を着た隣人~」(ギャラリー玉英、2017)など。
 
 野口が手がける人物は精巧な鎧兜をまとい、頬杖をつく、棒立ちのまま空を見上げるといった姿が、哀愁と思わず微笑んでしまうユーモアを感じさせる。

 本展では、口紅でハートを描く人物の作品《Clumsy heart》など、ポーラ・オルビスグループの商品にちなんだ新作を含む約50点を展示。「武士の心を知る前に、人の心を知りたい」という気持ちが込められた野口の作品には、日々を懸命に生きる私たちと同じ感情が息づいている。