AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

岡崎裕子「私を紡ぐもの」

2022.11.05 - 11.19

©︎ Yuko Okazaki Photo by Kenji Takahashi

©︎ Yuko Okazaki Photo by Kenji Takahashi

©︎ Yuko Okazaki

 小山登美夫ギャラリーは、陶芸家・岡崎裕子の新作個展「私を紡ぐもの」を開催する。

 岡崎は1976年東京都生まれ。株式会社イッセイ ミヤケ広報部(1997~2000年)に勤務したのち、笠間の陶芸家・森田榮一に師事。4年半の修行ののち、茨城県窯業指導所(現・茨城県立笠間陶芸大学校)釉薬科/石膏科修了。2007年に横須賀にて独立し、制作活動を続けている。

「創作の源は、生活のすべてであり、己を見失うことなく穏やかに過ごすことこそが、なによりの大切な土台づくりであるのです(岡崎裕子『器、手から手へ』、主婦と生活社、2010)」と語る岡崎。自ら「器とともにある日常の豊かな暮らし」を体現し、その世界観を、草花やトンボなど自然をモチーフとした清々しく温かみのある作品によって表現してきた。

 本展では、岡崎が幼少期からなれ親しみ憧れた、中国、韓国、北欧の陶磁器をオマージュし再解釈・昇華した、新境地となる作品を発表する。