AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

ライアン・ガンダー われらの時代のサイン

ライアン・ガンダー 2000年来のコラボレーション(予言者) 2018 公益財団法人石川文化振興財団蔵
Photo by Stevie Dix Courtesy the artist and TARO NASU

ライアン・ガンダー 脇役(バルタザール、ヴェニスの商人:第3幕第4場) 2019-20
Photo by Mark Waldhauser Courtesy the artist and Lisson Gallery

ライアン・ガンダー 時間の問題にすぎない 2020 Courtesy the artist

ライアン・ガンダー もはや世界はあなた中心ではない 2008 大林コレクション蔵
Photo by TARO NASU Courtesy the artist and TARO NASU

 国際的に注目されるイギリスのアーティスト、ライアン・ガンダー。その大規模個展「ライアン・ガンダー われらの時代のサイン」が東京オペラシティ アートギャラリーで開催される。

 ガンダーは1976年生まれ。コンセプチュアル・アートの新しい地平をひらく作家として、世界のアートシーンで注目されてきた。ガンダーの作品は、日常生活で気に留めることすら忘れているあたりまえの物事への着目を出発点に制作され、オブジェ、インスタレーション、絵画、写真、映像などそのジャンルは多岐にわたる。

 ガンダーのこれまでの幅広い制作活動に一貫しているのが、「見る」ということへの考察だ。意外なもの同士を結びつけ、情報を部分的に隠蔽し、そしてユーモアを交えながらつくられる作品は、私たちが普段見過ごしていること、あたりまえと片付けてしまっていること、それすら忘れていることへの注目を促し、様々な問いを抱かせる。

 本展は、作家にとって東京での初めての大規模個展。当初2021年に開催を予定していたが、コロナ禍によって延期を余儀なくされた。しかし作家本人の申し出により、「ライアン・ガンダーが選ぶ収蔵品展」を代わりに開催。絶妙な手法で同館の寺田コレクションに新しい光を当てた展覧会が話題を呼んだ。この試みは、「困難な状況でも発想の転換でよいものを」と言い、「創造する力」を信じるガンダーを象徴する出来事でもあった。

 満を持しての開催となる今回、ガンダーが目指すのは、新作を含めて大きな展示室全体をひとつの作品としてつくり上げること。さらにギャラリー上階には「ライアン・ガンダーが選ぶ収蔵品展」が再展示され、ガンダーが手がける2つの展覧会を鑑賞できる。