ARTISTS

藤村亮太

Ryota Fujimura

 藤村亮太は1981年東京都生まれ。2008年多摩美術大学大学院美術研究科修了。いけばな草月流の草月会館造形教室助手を経て陶芸家・小川待子に師事する。13年より、家庭で不要となった陶器を再熱することで生まれ変わらせるアートプロジェクト「サイネンショー」(京都)に参加。同プロジェクトでの活動をきっかけに、現在のやきもののあり方に疑問を持ち、使われなくなった器や土を素材として鉢や花器に見立て、自身も焼き直しの手法を用いて制作を行う。同じかたちのパーツは別々に焼き上げて組み合わせる、また具体物に土を盛りつけて再び焼き、見慣れたものを曖昧にするなど、「ゆらぎ」を意識した作品を通して、やきものの再定義を試みている。18年に初個展「koyurugi -小動-」(はいいろオオカミ+花屋 西別府商店、東京)を開催。また「藤村商店」の屋号で、陶器市やクラフトフェアなどにも出店している。現在、神奈川県鎌倉市在住。