ARTISTS

水木塁

Rui Mizuki

 水木塁は1983年京都府生まれ、京都在住。2006年に京都市立芸術大学美術学部工芸科漆工専攻を卒業、2016年に京都市立芸術大学大学院・美術研究科博士後期課程修了、博士(美術)。スケートボーダーとしての身体感覚をもとに、都市と身体との関わりについて作品を制作。スケートボードの表面に貼るデッキテープや道路用の塗料を使用したペインティング作品、湾曲したアルミ板に写真を焼き付けた作品、つぶしたスニーカーの箱に油性ペンで描いたドローイング作品など、写真や平面、立体といった既存の表現方法を解体・再編している。スケートボーディングを通して見る都市のシステムを、同化と異化を繰り返しながら探求。

 近年の個展に「C’s」(RMIT PROJECT SPACE、メルボルン、2017)、「鏡と穴-彫刻と写真の界面 vol.3 水木塁」(gallery αM、東京、2017)。グループ展に「行為の編纂」(TOKAS本郷、東京、2018)、「都市のモザイク」(ARTZONE、京都、2018)、「NEO-EDEN」(蘇州金鶏湖美術館、中国、2016)、「STEP OUT! New Japanese Photographers」(IMA gallery、東京、2015)、PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭 特別連携プログラム「still moving」(元崇仁小学校、京都、2015)、「NIPPON NOW Junge japanische Kunst und das Rheinland」(E.ON、デュッセルドルフ、2014年)、「flowing urbanity」(ART68、ケルン、2013)、「水の情景-モネ・大観から現代まで」(横浜美術館、2007)などがある。