AdvertisementAdvertisement
ARTISTS

水戸部春菜

Haruna Mitobe

 水戸部春菜は1995年神奈川県生まれ。2018年東北芸術工科大学デザイン工学部グラフィックデザイン学科卒業。自在な素材と手法を用いて、鑑賞者に人や動物の形態ではなく、状態を想起させるようなドローイング表現を探求する。主な個展に、「Happy End」(IDEE 自由が丘店、東京、2022)、「town」(galleryN、愛知、2021)、「don't try」(西武渋谷店、東京、2021)、グループ展に、「YOKOSUKA ART VALLEY HIRAKU 往古来今 / 見えない泉をさまよいさがす」(横須賀美術館、神奈川、2024)、「nine colors XVI」(西武渋谷店、東京、2022)、「わからなかった昨日の翌日」(豊田市美術館ギャラリー、愛知、2021)など。受賞歴に、「群馬青年ビエンナーレ」ガトーフェスタハラダ賞(2021)、「第23回岡本太郎現代芸術賞」入選(2020)など。