ARTISTS

荒木悠

Yu Araki

 荒木悠は1985年山形県生まれ。2007年ワシントン大学サム・フォックス視覚芸術学部美術学科彫刻専攻卒業。10年東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修士課程修了。文化の伝播や異文化同士の出会い、その過程で生じる誤解や誤訳から生まれる可能性に強い関心を寄せている。特に、近年手掛けている映像インスタレーションでは、歴史上の出来事と空想との狭間にある物語を編み出し、創造的に再現するような手法を展開している。二つの領域のあいだを揺らぎ続けるような作品群は、展覧会形式にとどまらず映画祭でも上映されており、18年には第47回ロッテルダム国際映画祭でタイガーアワードを受賞。また、美術の分野では19年にヴィクトル・ピンチューク財団主催の第5回Future Generation Art Prizeに世界公募数5800の中から最終候補の1人に選出され、第58回ヴェネチア・ビエンナーレ公式関連展にも出品。