×
NEWS / EXHIBITION - 2018.1.3

内なる宇宙を体験。
刈谷博が21年ぶりの個展開催

ニューヨークを拠点に活動している刈谷博が21年ぶりの個展をミヅマアートギャラリーにて開催する。会期は2018年1月13日〜2018年2月10日。

刈谷博 用既存線描画 / 毎五粒目任意進路選択一握 93 粒の景 2016 カリフォルニア産白豆小粒、透明接着剤、アクリル板、オペークインク、コピー用紙 21×21cm
© KARIYA Hiroshi, Courtesy of the artist and Mizuma Art Gallery

 1948年生まれの刈谷博は77年の渡米以降、ニューヨークのMOMA PS1でのグループ展への参加や、ペンシルバニア大学付属現代美術館での個展、水戸芸術館で開催された「開放系」など80年〜90年代にかけて国内外で活躍してきた。しかしながら、2000年以降は作品発表を控え、スタジオにて制作をつづけてきた。そんな刈谷が21年ぶりの個展を開催する。

 本展では「経」をテーマにした作品を発表。一日一握りの種子に「the now is」という言葉を書き込んでいく「種子経」などが展示される。「the now is」は刈谷にとっての「経」である言葉。刈谷は祈ることについて「無数に偏在することごとくの、そしてひとつの、宇宙の均衡」という。21年ぶりの個展で、刈谷は内なる宇宙を見せる。

information

刈谷博展
ひとつの/そして/無数に遍在する/それ
It Is All About The One Piece, And Millions of Others

会期:2018年1月13日〜2月10日
会場:ミヅマアートギャラリー
住所:東京都新宿区市谷田町3-13 神楽ビル2F
電話番号:03-3268-2500
開廊時間:11:00〜19:00
休廊日:日、月、祝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします