×
NEWS / EXHIBITION - 2018.4.25

時代を超える独自のきらめき。
サントリー美術館で
「琉球 美の宝庫」展を堪能する

東京・六本木のサントリー美術館が「琉球 美の宝庫」展を開催。第二次世界大戦の戦禍をくぐりぬけ、現代に守り伝えられた琉球の至宝を紹介する。会期は2018年7月18日〜9月2日。

国宝 琉球国王尚家関係資料 玉冠(付簪) 18~19世紀 那覇市歴史博物館蔵

 多くの島々からなる沖縄は、かつて「琉球」と呼ばれた海上王国であった。400年以上にわたって東アジアを中心に、万国津梁(世界の架け橋)として繁栄した琉球王国は、周辺諸国の至宝で満ち、新たに独自の美を拓いた。

 その琉球で生み出された美術・工芸品の数々を紹介する「琉球 美の宝庫」は、「染織」「絵画」「琉球国王尚家」「漆芸」の4章で構成。華やかな紅型(びんがた)の染織や、中国と日本から影響を受けて描かれた琉球絵画、箔絵などの技法を用いたきらびやかな漆芸作品を通覧することができる。東アジアの美を結び、文化の多様性と新鮮な魅力をもつ琉球美術を総合的にとらえ、その実像と歴史的背景に迫っていく。

山口宗季(呉師虔)筆 花鳥図 1715 大和文華館蔵
白地流水蛇籠に桜葵菖蒲小鳥模様衣裳 19世紀 沖縄県立博物館・美術館蔵

 豊かな風土をもち、海上交易を通じて芸術文化を発展させた琉球王国は、とくに染物や織物の分野で、中国や東南アジアの技法や素材を影響を強く受けた。部分的に染め分けた糸を織って生み出された幾何学的な文様や、糸を浮かせて文様を表現している花織からは、美しい色彩世界とデザインを存分に楽しむことができる。

 また、近世琉球期(1609〜1879)に描かれた作品を「琉球絵画」として紹介。第二次世界大戦の戦禍をくぐりぬけ、現代に守り伝えられた琉球絵画は、私たちに深い洞察を与えてくれるだろう。さらに、国宝に指定されている「琉球国王尚家関係資料」のなかから特別公開される「王冠」なども見どころのひとつだ。

黒漆雲龍螺鈿大盆 18~19世紀 浦添市美術館蔵

 琉球王国を代表する美として花開いた「漆芸」で、本展は締めくくられる。「沈金」や「箔絵」、漆と顔料を混ぜた材料を貼って立体的に文様をあらわす琉球特有の「堆錦」など、様々な技法が駆使された作品群にも注目したい。

information

「琉球 美の宝庫」展

会期:2018年7月18日〜9月2日
会場:サントリー美術館
住所:東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
電話番号:03-3479-8600
開館時間:10:00〜18:00(金土〜20:00)
料金:一般 1300円 / 大高生 1000円 / 中学生以下無料
休館日:火(ただし8月14日は開館)

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします