×
NEWS / EXHIBITION - 2018.3.31

百段階段が猫だらけ。ジャンルや時代を超えた「猫の都の国宝アート」展、ホテル雅叙園東京で開催

「ホテル雅叙園東京」内にある、東京都指定有形文化財「百段階段」にて、猫をテーマにした展覧会が2018年3月29日から開催される。

ますむらひろし 北斎尾州不二見原

 東京・目黒の「ホテル雅叙園東京」の中にある、1935年建造の東京都指定有形文化財「百段階段」。ホテル雅叙園東京の前身である目黒雅叙園3号館にあたり、同館で現存する唯一の木造建築だ。99段の長い階段廊下で繋がれている7つの部屋はそれぞれ趣向が異なり、各部屋の天井や欄間には、鏑木清方や荒木十畝らによる美人画や花鳥画が描かれている。これらの各部屋は、その類まれな背景を活かした雛人形展や、いけばな展などの企画展を開催している。
 
 そして今回、2017年に開催された「福ねこ」展に引き続き、18年3月29日から5月13日まで「猫都の国宝展 at 百段階段」が開催される。

目羅健嗣 雷神痩身美容図/俵屋猫達

 この展覧会は40名の作家による「猫の都『猫都(ニャンと)』で国宝展が開催されたら?」をテーマに、国宝をモチーフにした作品から現代美術まで幅広く紹介するというもの。

もりわじん 薬師猫神様 信州瑠璃寺所蔵

 信州高森町の瑠璃寺に奉納されている、もりわじんによる《薬師猫神様》をはじめ、横尾忠則による立体作品や、歌川国芳や葛飾北斎をオマージュした作品、猫好きで知られる小説家の大佛次郎を紹介する展示物など222点が並ぶ。

 そのほか週替わりのリレー個展も開催。常時展示作品と合わせると800点以上にもおよぶ猫の作品が展示される。

古本選堂 文庫張子「夏目漱石」

 また、展示会場では「猫グッズマーケット」も開催。猫をモチーフにした作品などを購入することができる。

 歴史ある文化財「百段階段」と、現代の作家たちによる猫をモチーフにした作品群という異色の組み合わせを楽しめる展覧会だ。

information

猫都(ニャンと)の国宝展 at 百段階段 ~猫の都の国宝アート~

会期:2018年3月29日〜5月13日
会場:ホテル雅叙園東京内文化財「百段階段」
住所:東京都目黒区下目黒1-8-1
電話番号:03-5434-3140(10:00〜18:00)
開館時間:10:00〜18:00 ※入場は閉館の30分前まで
料金:一般 1500円 / 学生 800円 ※小学生以下無料

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします