NEWS / REPORT - 2018.11.12

ニコラ・ビュフがGINZA SIXを彩る。全長14メートルの巨大作品が登場

GINZA SIXの巨大な吹き抜け空間がクリスマスにあわせて展示替えされた。今回のアートを手がけるのはニコラ・ビュフ。「GINZA SIX CHRISTMAS 2018 “Fantastic Gift” 〜『冬の王国』と『夏の王国』の物語〜」と題し、吹き抜け以外にも全館の様々なエリアでクリスマスの演出が展開されている。

GINZA SIXの吹き抜けに登場した巨大な「光るぞう」
前へ
次へ

 2017年春の開館以来、草間彌生、ダニエル・ビュレンといった国際的なアーティストがその吹き抜け空間を演出してきた東京・銀座のGINZA SIX。その第3弾となる、ニコラ・ビュフの巨大作品が11月12日にお披露目された。

 1978年、フランス・パリに生まれたニコラ・ビュフは、現在東京を拠点に活動する現代美術家。日本では、14年に原美術館で個展「ニコラ ビュフ:ポリフィーロの夢」を開催したほかコム・デ・ギャルソンやエルメス、ピエール・エルメなどとのコラボレーション。ヨーロッパの古典美術と日本やアメリカのサブカルチャーをミックスさせた作品で広く知られる存在だ。

ニコラ・ビュフ

 今回、ビュフがGINZA SIXで展開するのは、「“Fantastic Gift” 〜『冬の王国』と『夏の王国』の物語〜」と題した様々な作品。これは、ビュフによるオリジナルストーリーをもとに制作されたもので、物語は地球の真反対にある「夏の王国」と「冬の王国」の王様が、それぞれ自分の子供が引き起こす問題に困っていたところ、「春共和国」と「秋共和国」の小さな天使「プッティ」のアイデアによって「光るぞう」と「冷たいアイスクリーム」を贈りあい、両国に平和が訪れた、というもの。

吹き抜けの巨大な「光るぞう」

 館内吹き抜けには、全長14メートルもの巨大作品が浮かび、そこに4メートルの「光るぞう」が出現。小さな天使「プッティ」がドローンを使って「光るぞう」を「夏の王国」から「冬の王国」へと運ぶ1シーンが表現されてる。下から見ると「夏の王国」が、上から見ると「冬の王国」が見えるという構造になっているので、エスカレーターを上り下りしながら様々な方向から鑑賞したい作品だ。

赤い部分が「夏の王国」、青い部分が「冬の王国」

 また銀座中央通りに面した正面エントランス2ヶ所には「夏の王国」と「冬の王国」のゲートが描かれているほか、地下2階のショーウィンドー、エスカレーター、柱などGINZA SIXのあちこちに作品が散りばめられているので、宝探しのような気分で楽しむことができる。

銀座中央通りに面した正面エントランス(4丁目側)
銀座中央通りに面した正面エントランス(7丁目側)
エスカレーター
地下2階のショーウィンドー
地下通路にも作品が設置されている