2021.10.16

幻想絵画の異才・建石修志の個展が神戸で開催

数々の幻想文学の装画を手がける画家・建石修志。その個展「断章─辿り着く紙片」が、神戸市のギャラリーロイユで開催される。会期は10月17日〜11月6日。

前へ
次へ

 数々の幻想文学の装画を手がけることで知られる画家・建石修志。その個展「断章─辿り着く紙片」が、神戸市のギャラリーロイユで開催される。会期は10月17日〜11月6日。

かつてアルカディアにありき 150×150mm ボードに鉛筆

 建石は1949年東京生まれ。1972年東京藝術大学卒業。73年に初個展を開催して以来、数多くの個展、グループ展を行っており、画集や絵本も多数出版している。また、2003年に休刊となった季刊誌『幻想文学』では創刊号から表紙画を務めたほか、中井英夫、久世光彦、皆川博子など小説の挿画も制作。これまでに手がけた書籍の装丁は、400冊を超える数となっている。

クレタの迷宮 207×260×70mm 匣オブジェ

 建石の作品は神話や博物誌を題材にしつつ、鉛筆画や油彩とテンペラの混合技法(アルキド樹脂絵具混合技法)による作品、箱によるオブジェ、コラージュなど、様々なメディアを横断することが特徴だ。様々なモチーフが薄い被膜のように重層的に重なり、ひとつの作品をかたちづくる。

ケンタウルスー秋の手品 530×455mm ボードにアルキド樹脂絵具

 本展では、澁澤龍彦『夢の宇宙誌』から着想した《紙片─イカルス》や、吉田一穂の誌「白鳥」を題材にした《白鳥座》など約30点を展示。建石が築く幻想世界に浸ってほしい。なお、作品はオンラインでも展示・販売予定となっている。

白鳥座 220×273cm 麻紙ボードに混合技法
契約書ーヘルメス、眠るエロスと契約を交わす 530×455mm パネルに混合技法
地上とは思い出ならずや 150×150mm ボードに鉛筆
天上の谺 匣オブジェ

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。