NEWS / EXHIBITION - 2018.9.21

印象派の風景を巡る旅。小川康博が現代的な視点から再解釈した写真展がツーリズムEXPOで開催

日仏双方の美術運動に多大な影響を与えた印象派。その風景を巡る「パリ地方とノルマンディー 小川康博 印象派を巡る旅2018夏」展が9月22日と23日に、「ツーリズムEXPOジャパン」フランスブースにて開催される。本展では、モネの《サン・ラザール駅》など、印象派の代表的作品の舞台となった風景を、小川康博が現代的な視点から撮影した写真作品を展示する。

小川康博撮影 ジヴェルニー © Paris Region Tourist Board / Yasuhiro Ogawa

 日仏交流160周年にあたる2018年、日仏双方の美術運動に多大な影響を与えた印象派の風景を巡る「パリ地方とノルマンディー 小川康博 印象派を巡る旅2018夏」展が9月22日と23日に、東京ビッグサイトで行われる「ツーリズムEXPOジャパン」フランスブースにて開催される。

 美術の歴史を揺るがすように新たな絵画の潮流として興隆した印象派は、19世紀後半にパリ、そしてイル・ド・フランス地方、ノルマンディー地方で誕生した。現在知られる印象派絵画の多くはパリや、セーヌ川流域、ノルマンディーの沿岸で生まれたものだ。

 本展では、モネの《サン・ラザール駅》や、ルノワールの《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》など、印象派の代表的な画家たちがキャンバスに描き出した風景を、小川康博が訪れ、現代的な視点から撮影した写真作品を展示する。

 小川は、パリのイル・ド・フランス地方やノルマンディー地方を旅し、印象派の名画12点が生まれた場所を訪れた。当時の印象派画家と同じ場所に立つことで感じたことや、画家たちがキャンバスの上に表現した「幸せなひととき」について小川が解釈したことなどが写真作品を通して発表される。