• HOME
  • MAGAZINE
  • INSIGHT
  • 「ピカソの愛人」ドラ・マール。1冊のヴィンテージ手帳から見…
2020.5.31

「ピカソの愛人」ドラ・マール。1冊のヴィンテージ手帳から見つかったその人生

フランスのジャーナリスト、ブリジット・バンケムンがeBayで購入した70ユーロのエルメスのヴィンテージ手帳のなかには、フランスの戦後芸術を牽引した中心人物たちの連絡先が羅列されていた。この出会いに運命を感じ、持ち主を探し出してその人物の人生を遡ったバンケムン。その顛末がまとめられた書籍の英語訳『Finding Dora Maar: An Artist, an Address Book, a Life』がこのたび刊行された。

文=國上直子

バンケムンが手に入れたエルメスの手帳 Photo by Roxane Lagache. Courtesy of Éditions Stock
前へ
次へ

 フランスのジャーナリスト、ブリジット・バンケムンは、夫が紛失したエルメスの手帳の代わりになるものを探していた。昔のエルメスの皮にこだわる夫のために、彼女はeBayでヴィンテージのエルメスの手帳カバーを探し当て購入した。届いた品物を開けてみると、日記帳のリーフレットは取り除かれていたが、1951年度のアドレス帳がカバーに差し込まれたままになっていた。20ページほどのアドレス帳を何気なく開いてみるとそこには、コクトー、シャガール、ジャコメッティ、ラカン、バルテュス、ブレトン、ブラッサイなど、錚々たる人物たちの連絡先が並んでおり、バンケムンは驚愕した。

バンケムンが手に入れたエルメスの手帳 Photo by Roxane Lagache. Courtesy of Éditions Stock

 バンケムンは、この手帳が、当時フランスのカルチャーシーンの中核にいた人物の所有物だったとすぐに理解した。美容院やネイルサロンの電話番号が記載されていたため、女性と推測。さらに南フランス・メネルブの建築家の連絡先があったことから、この地域に住んでいたアーティストに絞り込んだ。この二つの条件から浮上したのが、「ピカソの愛人」として知られ、アーティストとしても長年活動したドラ・マールであった。そして彼女の筆跡が残る他の史料と照合し、この手帳がマールのもので間違いないことを確認した。

 マールは、1907年フランス生まれ。建築家だった父の仕事の都合で、幼少から十代の後半まで、アルゼンチンとフランスを行き来して過ごした。フランスに戻ってからは、写真を学び、商業写真家として成功を収めていた。初めての交際相手を介して、シュルレアリストのグループと親交を持つようになり、その後ジョルジュ・バタイユと交際。若くしてフランス知識層のインナーサークルに属していった。ピカソと出会ったのは1936年。それから1946年までピカソとの関係は続いた。モデルを務めたピカソの「泣く女」のイメージもあり、気性の激しい人物であったとする文献が多い。晩年までアーティストとして活動をしていたが、「ピカソの愛人」という昔の肩書がマールには生涯つきまとった。

ドラ・マール 1926年頃 撮影者不明 (C) 2020 Artists Rights Society(ARS), New York / ADAGP, Paris. Digital image
(C) CNAC/MNAM/Georges Meguerditchian/Dist. RMN-Grand Palais / Art Resource, NY

 マールの手帳が舞い込んできたのは、バンケムンが一冊本を書き上げたタイミングだった。この出会いにバンケムンは運命を感じ、アドレス帳にある連絡先のリサーチを行うことに決めた。まず1952年に発行された電話帳を購入し、それぞれの連絡先を照合。そこにないものは、郵便・通信博物館のマイクロフィルムにあたるなど、徹底的な確認作業を行った。

 それぞれの人物を調査するなかで、多くの文献やマールを直接的・間接的に知る人物たちに巡り合い、そこで集めた情報をもとに、マールの半生を再構築することを試みた。2年を費やしたその調査の過程と成果物が『Finding Dora Maar: An Artist, an Address Book, a Life』という本にまとめられた。「ファウンド・オブジェクトから派生したこのプロジェクトには、シュルレアリズム・アーティストだったマールも共感してくれるはず」とバンケムンは本のなかで語る。あくまでマールの人生に深い影響を及ぼした人物に重点を置くために、泣く泣く本から除外せざるを得なかった有名人もいたという。

 似たような筆致で丁寧に記載されている連絡先は、前年のアドレス帳から書き写されたもの。異なるインク、急いで書いた風など、統制の取れていない筆跡のものは、新しくその年に加えられたものとバンケムンは判断した。前年から引き継がれたと思われる人物の連絡先が、1951年当時の実際の住所と一致していない場合は、マールがその人物と疎遠になっていた可能性が高いと考えた。それでも古い連絡先が残されていたのは、どうしてだろう。

 アドレス帳のなかには「配管工」というエントリーがあった。調査により、ピカソのスタジオだったサンジェルマン・デ・プレのロフトを改修した人物であることがわかった。1937年にこのロフトをピカソのために見つけてきたのはマールだった。1940年にドイツ軍がパリを占拠し、夜間の外出が禁止されると、ピカソは次第にこのロフトに寝泊まりするようになる。そこでマールは、ピカソが快適に過ごせるよう、配管工を雇い、ロフトの暖房や浴室の整備を行ったのだ。ピカソは新しくなったロフトを大いに気に入り、マールは自分の手柄を誇らしく感じた。配管工の連絡先は、そのときの幸せな気持ちを喚起する写真のようなものとして、残されていたのではないかとバンケムンは考えた。

 調査のなかでは、「友人」たちの冷酷さも浮かび上がる。ピカソが新しい恋人のフランソワ・ジローと出会って以降、マールの心を弄ぶようなピカソの振る舞いもあり、マールは精神的に追いつめられて行った。やがて救いを求めるように、マールは宗教やオカルトに傾倒し、奇行が目立つようになっていく。1945年5月のある日、シモーヌ・ド・ボーヴォワールがサルトルら友人と連れ立ってマールのアパートを訪れたとき、マールの申し出で、降霊会を行うことになった。降霊の最中、突然テーブルがガタガタと音を立て、サルトルの祖父を名乗る霊が登場。サルトルとボーヴォワールしか知り得ない事実が、文字盤を通して告げられた。この一連の様子を見てマールは満足げな表情を浮かべていた。しかしマールのアパートを後にしたあと、ボーヴォワールは友人たちに、降霊のくだりは全て自分が仕掛けたものだったと打ち明けた。バンケムンは調査の中で行き当たった、ボーヴォワールの日記のなかにこのエピソードを見つけ、ボーヴォワールに対し強烈な不快感を覚えたという。この降霊会の数日後、精神状態がさらに悪化したマールは裸で階段の踊り場に倒れているところを発見され、入院することになる。精神的どん底に落ちるまで、マールに手を差し伸べる友人はいなかったことが伝わってくる。

 「ピカソの公式愛人」であったあいだ、周辺のアーティストたちは、マールを大切な友人のように扱った。しかしピカソとの破局後、彼らはマールから次第に離れていった。恋人と友人を失ったあと、隠遁生活を送りながら、マールは精神の回復を試みる。そうした苦しい時期を経て、1951年頃、マールが新しい交遊を築こうとしていた様子が、アドレス帳から窺えるとバンケムンは言う。

 長きにわたり「ピカソの愛人」という肩書ばかりが先行し、ひとりの人間、アーティストとして見てもらえないことに不満を抱えていたマール。ピカソは、1951年のマールのアドレス帳には載っていなかったものの、彼がマールの人生に及ぼした影響は絶大だった。マールはいっぽうで、経済的に窮地に陥ったときは、手元に残っていたピカソ作品を売り払って生活の糧にしたり、ピカソ作品のオークション落札価格を欠かさずチェックしたりという現実的な面も持ち合わせていた。「悲劇のミューズ」というイメージには収まりきらない豊かな人物像が、わずか20ページのアドレス帳を契機に浮き上がる過程は、とても読み応えがあった。

『Finding Dora Maar: An Artist, an Address Book, a Life』表紙
Courtesy of Getty Publications