• HOME
  • MAGAZINE
  • INSIGHT
  • 名作を自宅で鑑賞。世界の主要美術館・ギャラリーが実施するオ…
2020.11.27

名作を自宅で鑑賞。世界の主要美術館・ギャラリーが実施するオンラインビューイング&バーチャルツアーまとめ

世界各国の各美術館やギャラリーが独自に提供するオンラインビューイングやバーチャルツアーを紹介する。名作を自宅から鑑賞しよう(2020年11月28日:内容を一部追加しました)。

 

マウリッツハイス美術館のバーチャルツアーより
前へ
次へ

 新型コロナウイルスの影響により、休館している美術館のオンライン観覧に注目が集まっている。その代表例がGoogle Arts & Cultureのストリートビューだが、今回はそれ以外の、世界の美術館やギャラリーが独自に提供しているオンラインビューイングやバーチャルツアーの試みを紹介する。

ルーヴル美術館

 フランスのルーヴル美術館では、館内の様子を360度見渡せるオンラインビューイングに加えて、「古代エジプト美術」「ルーヴル壕の跡」といったテーマに沿って館内を回り、作品の詳細等を見ることのできるバーチャルツアーも用意されている。

ルーブル美術館のオンラインビューイングより
ルーブル美術館のバーチャルツアーより

国立故宮博物院 

 古代中国から明・清時代のものまで、数々の至宝が展示された館内を見られるオンラインビューイングを提供。室内の主要な作品にはインフォメーションマークがつけられ、写真や解説動画によって作品をより詳しく知ることができる。

国立故宮博物院のオンラインビューイングより
国立故宮博物院のオンラインビューイングより

メトロポリタン美術館

 メトロポリタン美術館ではGoogle Arts & Cultureでストリートビューを提供しているが、加えて「The Met 360° Project」にも注目したい。こちらは、動画ながらも360度を自由に見渡すことが可能だ。観客が行き交う様子を2階から見下ろす、といった新鮮な楽しみ方も。

「The Met 360° Project」より
「The Met 360° Project」より

ヴァチカン美術館

 360度を見渡すことのできるヴァチカン美術館のバーチャルツアーでは、システィーナ礼拝堂のミケランジェロによる天井画をはじめ、建築に施された傑作の数々を自由に楽しめる。拡大をしながら、そのディティールを仔細に確かめることも可能だ。

ヴァチカン美術館のヴァーチャルツアーより
ヴァチカン美術館のヴァーチャルツアーより

コートールド美術館

 美術史の世界的権威である、ロンドン大学のコートルード美術研究所の所属美術館であるコートルード美術館。180度を見渡せるバーチャルツアーを提供し、同館のコレクションとして有名な、印象派やポスト印象派の名画が一同に介する様は圧巻だ。

コートールドギャラリーのバーチャルツアーより
コートールドギャラリーのバーチャルツアーより

マウリッツハイス美術館

 大規模な改装を終え、2015年にリニューアルオープンしたマウリッツハイス美術館は、言わずと知れたオランダを代表する美術館のひとつだ。

 そのバーチャルツアーは、高画質かつ動きがスムーズなことに驚くだろう。2フロア、16のパートに区切られたこのオンライン空間では、ガイドによるツアーで館内を簡易的にめぐることができる。また各作品には詳細はキャプション、音声ガイド、そして高画質なズーム機能が備わっていることも特徴。フェルメールの《真珠の耳飾りの少女》をはじめとする名作をじっくり堪能したい。

マウリッツハイス美術館のバーチャルツアーより
マウリッツハイス美術館のバーチャルツアーより

アムステルダム国立美術館

 アムステルダム国立美術館も、マウリッツハイス美術館同様、オランダを代表する美術館だ。は毎年300万人以上が訪れるというこの館の目玉は、なんといっても17世紀オランダ絵画の傑作を展示した「名誉の間」だろう。

 レンブラントの大作で現在は公開修復中の《夜警》をはじめ、フェルメールの《牛乳を注ぐ女》などの名作が並ぶこの大きな空間もバーチャルツアーとして鑑賞可能。音声(英語)による解説のほか、詳細な作品キャプション、さらにはズームによって肉眼では見えない細部までクローズアップすることができるのも嬉しい。

アムステルダム国立美術館のバーチャルツアーより
アムステルダム国立美術館のバーチャルツアーより
アムステルダム国立美術館のバーチャルツアーより

デイヴィッド・ツヴィルナー

 ニューヨーク、ロンドン、香港、パリに拠点を置くメガギャラリー、デイヴィッド・ツヴィルナー。オンライン上で展開されるビューイングルームでは、展覧会期間中のアーティストの作品をまるでオンラインマガジンを読むかのように見ることができる。作家のバックグラウンドも詳細なテキストで解説されているので、新たな作家との出会いの場ともなるだろう。

デイヴィッド・ツヴィルナーのオンラインビューイングルームより

ファーガス・マカフリー

 ニューヨークを代表するギャラリーのひとつであるファーガス・マカフリー。その、オンラインギャラリー「FM Virtual」は、東京、サン・バルテルミーに続く4つ目の展示会場として位置づけられており、開催中の展覧会をバーチャル空間で公開している。

「FM Virtual」より