INSIGHT - 2020.2.27

休館を発表した東博に、Googleストリートビューで行こう

新型コロナウイルスに対する政府方針を受け、3月16日までの休館を発表した4つの国立博物館。こんなときだからこそ、ネットでミュージアムを楽しもう。

Google Arts & Cultureより、東京国立博物館本館

 新型コロナウイルスの影響により、政府方針に従い休館を発表した東京国立博物館など4つの国立博物館。いまだからこそこれらのミュージアムを、ネットを通じて楽しんでみてはいかがだろうか?

 利用するのはGoogle Arts & Culture。Googleが非営利で運営する、アートの巨大プラットフォームだ。世界中の美術館・博物館や文化施設の情報が掲載されたこのサイト(およびアプリ)には、もちろん東博など日本のミュージアムも多数載っている。

 例えば東博は、全館ではないものの、館内の一部をストリートビューで閲覧可能。本館の大階段から2階の日本美術展示室の一部を見て回ることができる。

Google Arts & Cultureより、東京国立博物館本館

 また、京都国立博物館は約200件の所蔵品をGoogle Arts & Cultureで公開。屏風や仏像、刀剣など多岐にわたるジャンルの美術品を、時間を気にせずじっくり鑑賞したい。

Google Arts & Cultureより、呉春《柳鷺群禽図屏風》(18世紀)

 加えて、様々なテーマの「オンライン展示」も見逃せないポイントだ。京博では、「爛熟の江戸絵画」「金の表現―絵画編―」など24の展示を掲載。東博も5つのオンライン展示を載せている。なお、残念ながら奈良と九州の国立博物館はGoogle Arts & Cultureへの登録はない。